三陽で火災発生【野毛の元祖きたなシュランの人気中華屋で起きた火災の様子、火災原因はずさんな防火対策かという噂の検証】

報道概要、火災現場の様子、火災原因はずさんな防火対策かという噂の検証、三陽の詳しい場所、三陽が愛されていた理由、世間の声をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

報道概要

報道概要はこちら。

10日午前7時10分ごろ、横浜市中区野毛町1丁目の中華料理店から煙が出ていると、近くに住む男性から119番通報があった。木造3階建ての店舗のうち、1階の店舗約3平方メートルと隣の飲食店の外壁の一部を焼いた。

 伊勢佐木署によると、1、2階が店舗、3階が空き室で、当時、店舗は無人だった。

引用;https://www.kanaloco.jp

報道では、店名まで報じられていませんが、SNSでは確かに店名まで伝えられています。

火災の様子とともに詳しく見てみましょう。

 

火災現場の様子

火災現場の様子はこちら。

野毛の狭い路地を消防車が、所狭しと集まっています。

現在、既に消化は終わっていますがなぜ営業前の午前にこのような火災が起きたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

火災原因はずさんな防火対策かという噂の検証

火災原因はずさんな防火対策かという噂の検証をしてみましょう。

なぜ、このような噂が出たかというと、この店は実はとんねんずの番組内の企画で汚いけど美味しいお店を取り上げるきたなシュランに取り上げられていたことが影響しているようです。

しかし、来店したことがある人はご存知かと思いますが、決してそこまで汚い店ではなく、火災の原因は他にあるように思われます。

 

三陽の詳しい場所

実際にお店を見てみたい人の為に、三陽の詳しい場所をご紹介します。

 

桜木町から歩いてすぐ。

目立つ看板が掲げられていますので、野毛に行ったことのある人でしたら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

三陽が愛されていた理由

次に、三陽が愛されていた理由をご紹介します。

理由は一言でいうとユーモア。

下ネタ前回ではあるのですが、看板やメニューのはユーモアあふれる記載が多く、軽く飲んだ後にメニューを話のタネにしながら〆のラーメンや餃子を食べたくなるようなお店です。

 

 

 

 世間の声

最後に世間の声をご紹介しましょう。

 

ある意味唯一無二な存在でしょうから、お店のファンはとてもショックだったでしょう。

早く営業が再開される日を心待ちにしたいと思います。

 

スポンサーリンク