【必見】ドライブレコーダー購入の5つのメリット

昨今は高齢ドライバーの事故や、あおり運転の問題など、交通上のトラブルが増えています。

そこで、ドライブレコーダーの購入を考えている方も、多いのではないでしょうか?

ドライブレコーダー購入の5つのメリットドライブレコーダーを買うときに注目したいポイントオススメのドライブレコーダーを5分で読めるようにまとめました。


ドライブレコーダー購入の3つのメリット

ドライブレコーダー購入の3つのメリットについて、ご紹介します。

主には次の3つです。

事故発生時の証拠を残すあおり運転や幅寄せ防止駐車場での当て逃げや車上荒らしへの抑止力

ここでは3つに含みませんでしたが、ドライブの思い出を残す。

または、将来的にはドライブレコーダーで運転の様子を記録して安全運転の人は自動車保険が安くなるサービスも出てくるのではないかとも言われています。

これからますます、ドライブレコーダーの活用方法は広がることでしょう。

それでは、ドライブレコーダー購入の3つのメリットをご紹介します。

事故発生時の証拠を残す

やはり、ドライブレコーダーの最大の目的は事故発生時の証拠を残すことではないでしょうか?

映像を証拠とするためには、画素や周囲の環境に左右されずに鮮明に映像を残すことが必要です。

ドライブレコーダー選びの際のポイントは、また改めてご説明します。

あおり運転や幅寄せ防止

あおり運転や幅寄せ防止になる理由としては、そのような悪質な運転をするドライバーも映像が記録されることがわかっていれば躊躇するからです。

昨今は、悪質なあおり運転はメディにも晒されることが増えています。

あおり運転や幅寄せ防止する効果は、増々大きくなることでしょう。

しかし、その効果を期待するにはドライブレコーダーで撮影していることが後続車をわからせなくてはなりません。

そこで次のようなステッカーでアピールすることをオススメします。


駐車場での当て逃げや車上荒らしへの抑止力

ドライブレコーダが活躍するのは、運転中に限ったことではありません。

駐車場での当て逃げや車上荒らしへの抑止力も期待することができるでしょう。

ドライブレコーダーの中には、運転せずに駐車場に止めている時でも車体に衝撃を感知すると自動で録画を始める機能が備わっているものがあります。

車上荒らしは当然、犯行が録画されてしまうリスクがある車は狙わないはずですし、駐車時に充ててしまったドライバーも録画されていれば怖くて逃げられないでしょう。

以上が、ドライブレコーダー購入の3つのメリットでした。

ドライブレコーダーを買うときに注目したいポイント

ドライブレコーダーを買うときに注目したいポイントを購入するときの大きなポイントは、画質様々な状況に対応するかという点です。

画質

まず画質については、折角録画されていても画質が悪くてはいざという時に証拠として不十分になってしまいます。

ですから次のポイントに注目して選んでみてください。

画素

ドライブレコーダーに限らず、カメラを選ぶ際にまず注目するのは画素ではないでしょうか?

ではどれだけの画素があればよいかというと、最低でも200万画素と考えています。

家庭用のフルハイビジョンのビデオカメラでも200万画素程度のものが多い為画素が大きいに越したことはありませんが、200万画素あれば十分ではないでしょうか。

HDRまたはWDR対応

いきなり専門的な単語が出てきましたが、これは黒潰れや白飛びの補正のことです。

例えば夜間のトンネルの出入り口など、光の明暗に差がある場所は事故も起こりやすいですが、カメラの映像も黒潰れや白飛びが起きやすくしっかり写らないことがあります。

肝心な事故が起きやすい場所で十分な画像を録画できないようではあまり効果が期待できませんので、HDRまたはWDR対応をしているか注目したいポイントです。

水平画角と垂直画角

水平画角と垂直画角とは、撮影できる角度の事です。

一般的に考えて事故が起きる際、目の前から正面衝突することはまず少ないでしょう。

そう考えると、横や斜めといった角度がついた方向からぶつかることがほとんどです。

そうした事故の際に、カメラの視野の外で写っていないようでは十分な効果を期待できません。

ですから、視野の広いものを選んだ方が良いということになります。

では、どれだけの数字が求められるかというと見解は様々あると思われますが、個人的には最低でも水平100°、垂直60°。

この数字を一つの目安にして頂きたいと思います。

様々な状況に対応するか

次に、様々な状況に対応するかというポイントです。

事故は様々な状況で起こりますので、特に次の2つには注目して頂きたいと思います。

後方監視

まずは、後方監視機能です。

当たり前のことですが、事故は前からも後ろからも起こる可能性があります。

前方に関しては、常に視界に入っていることが多くむしろ自身では避けがたい後ろからの事故こそ映像に残したいのではないでしょうか?

また、後方監視機能があれば、あおり運転や幅寄せの証拠も残すことができますので後方監視機能は必須であると私は考えます。

駐車監視

次に、駐車監視機能です。

折角ドライブレコーダーを買うのであれば、運転中以外の駐車場での当て逃げや車上荒らしなどのトラブルにも対応するように駐車監視機能があるものを選ぶことをオススメします。

オススメのドライブレコーダー

ここまで、ドライブレコーダーのメリットや選ぶ時のポイントを説明してきました。

しかし、たくさんあるドライブレコーダーの中から、1つ1つスペックを確認しながら選ぶのは面倒で何を選んだら良いかわからないという方もいるのではないでしょうか?

そんな方の為に、ピンポイントで1つだけオススメのドライブレコーダーを紹介します。

先ほど挙げた選ぶ時のポイントはすべて満たしていますので、是非ご検討ください。