太田幸司の顔画像を調査!札幌市東区介護職員による殺人事件【勤務先の介護施設は?】

札幌市東区にて介護職員の太田幸司容疑者が、共同住宅で介護サービスを利用していた山下茂樹さん(35)を殴り殺した疑いで逮捕されました。

事件概要、気になる太田幸司容疑者の顔画像事件現場勤務先の介護施設太田幸司容疑者の余罪を調査して世間の声と共にご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

事件概要

介護サービスを利用していた35歳の男性の顔面などを何度も殴り死亡させたとして、北海道札幌市豊平区の24歳の介護職員の男が逮捕されました。

 傷害致死の疑いで逮捕されたのは札幌市豊平区中の島の介護職員、太田幸司容疑者(24)です。

 太田容疑者は2019年7月19日午後5時30分から20日午前7時25分頃までの間、札幌市東区の共同住宅で介護サービスを利用していた男性の顔面などを複数回殴るなどの暴行を加え、無職の山下茂樹さん(35)を脳ヘルニアにより死亡させた疑いがもたれています。搬送先の病院からの通報で事件が発覚しました。

 山下さんは身体に障がいがあり、事件当日は太田容疑者が泊まり込みで介護をしていたということです。

 調べに対し太田容疑者は「寝付かないから腹をたててやった」と容疑を認めているということです。警察が詳しく調べています。

引用;https://uhb.jp/news/

殴り殺してしまうとはどれだけ強い力で殴ったのでしょうか?

それほどまでに強い力で何度も殴るとは、太田容疑者はどのような人物だったのでしょう。

人物像に迫るために顔画像を調べてみます。

 

太田幸司容疑者の顔画像

顔画像は現在調査中です。

逮捕の報道があってから間もない為、まだ報道されていませんが事件の悪質性を考えると報道される可能性は十分になります。

続報を確認しながらSNS等も調査して、詳しい情報を掴みましたらご紹介させて頂きます。

22日更新: 顔画像が公開されました。

画像はこちらです。

太田幸司

 

 

スポンサーリンク

 

事件現場

事件現場周辺の地図はコチラ。

 

札幌市内北東側の地域。

札幌ビール博物館などもあるエリアで北海道内では比較的栄えています。

そのことから共同住宅を利用していた山下茂樹さんの家族は恐らく安くはない値段で共同住宅に預けていたと思われますが、なぜそんなことが起きてしまったのか?

事件が起きた容疑者の勤務先の介護施設を調べてみましょう。

 

勤務先の介護施設

勤務先の特定はされていませんが、有力な候補の一覧を見たい方はこちらをどうぞ。

なぜ、この一覧が有力かと言いますと、まず共同住宅というあいまいな単語の意味を考えていきたいと思います。

亡くなった山下茂樹さんは35歳です。

この若さで施設を利用していることを考えると、多くの方が一般的にイメージする老人ホームではなく障害者を対象にした施設だったのではないかと思います。

そう考えると容疑者が供述している「寝付かないから腹を立ててやった」との犯行動機も障害を山下茂樹さんが障害を持っていたから職員の言うことを聞いてくれなかったと感がることができます。

そのように考察すると、多くの情報が納得いくものとなりますので、私は一覧に乗っている約40か所の障害者向けのグループホームである可能性が高いと考えました。

真面目に働いている他の職員の方々への影響を考えるとメディアも施設名を挙げにくい状況にあるのかもしれませんが、同じように東区内で施設を利用しているご家族の方は不安で仕方がないでしょう。

有力な続報が入りましたら、ご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

太田幸司容疑者の余罪

太田幸司容疑者の過激な行動から、余罪が疑う噂が出ています。

確かに、皆様の記憶にもあるであろう神奈川県相模原で3年前に起きた障害者施設での大量殺人事件の容疑者ももともと素行不良であったことから、太田容疑者に関しても同様の可能性は考えられるかもしれません。

ちなみに、相模原の殺人事件の容疑者に関する素行不良の情報はこちらです。

2010年(平成22年)ごろからは大麻などを吸引し始めるなど薬物に手を出すようになり[4]、卒業後は半グレ集団・右翼関係者とも交友を持つようになっていた

引用;https://ja.wikipedia.org

もしも似たような人物像だとしたら、大麻や傷害など、他の余罪もでてくるかもしれません。

 

世間の声

最後に世間の声をご紹介します。

介護に向かない人だな。何でもそうだが、対人の仕事が一番難しい。機械ならば感情がないが、人はその時その時で感情があり、都度、対応を変えなければいけない。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

感情を抑えてその時ごとの対応を考えることは頭では重要性を理解していても、中々難しいのかもしれません。

介護施設鵜を運営する側の人たちは、職員にアンガーマネジメントの方法もしっかりと教えていかなくてはならないのかもしれません。

介護や保育にも向いてる人向いてない人がいるでしょう
精神面をきっちり検査してから現場デビューさせて欲しい
いくら大変でも子供やお年寄りを殴り殺したり虐待しないで毎日働いてる人が殆どだし
一線を超える人はやはりまともじゃないだけ

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

人手不足といえども求められるストレス耐性を考えると、採用時にしっかり見極められるように検査などの工夫があっても良いでしょう。

利用者はどんな人だったんだろうか。
36歳ってだいぶ若いけど。
介護施設での利用者からのパワハラ、セクハラがあることは誰もが知ってると思うけど。
虐待なんてあってはいけないことだし、殺害なんて想像も出来ない。
介護の現場で働く以上、気をしっかり持ちある程度図太くないと務まらない。
精神的な疲れから芯が細くなったまま神経過敏な状態が続くと突発的に非常識な行動を取ってしまうのが人間です。
こうなる前にこの介護士を止めてあげる人は同僚などにいなかったのだろうか。
介護の現場で起きるこういう事件は加害者、被害者だけの問題では決してないと思う。

引用;https://headlines.yahoo.co.jp

こうなる前に周りに容疑者の精神状態に気付ける同僚がいたら少し結果は変わっていたのかもしれません。

このような結果になってしまったことが残念でなりません。

 

スポンサーリンク